【高知・開設記念】地元で舞った!山中 涙の記念初V

[ 2019年4月15日 05:30 ]

G3初優勝を果たし、胴上げされる山中貴雄
Photo By 共同

 高知開設記念決勝は14日行われ、山中貴雄(90期)が記念初Vを地元バンクで決めた。

 レースは吉田―村上が前受け。3番手につけた取鳥の後位は清水と諸橋で競りでその後ろに松浦。最後方に田中―山中―佐々木で周回を重ねる。打鐘で田中―山中―佐々木が上昇して吉田―村上を抑えると後方になった取鳥が間髪入れずに仕掛けていく。

 なかなか競りの決着はつかなかったが、最終ホームで清水が諸橋を内に押し込んで番手を守り、清水の後ろでは松浦と諸橋の併走状態が続く。5番手の田中がバックすぎにまくると清水がけん制気味に外に踏む。その瞬間を逃さず内から清水をどかした諸橋が取鳥の番手を奪取する。諸橋を追うように内を突いて上がってきた山中が最後は取鳥と諸橋の中を割って鋭く伸びる。ゴール後は派手なガッツポーズで喜びを爆発させた山中を出迎えた四国勢が胴上げして地元記念Vを祝った。

 「若手がどんどん出てきて四国勢に勢いがある中、自分だけは出遅れている気がしていた。それでも練習仲間からは諦めずに頑張っていればいつかきっとチャンスが来ると。初日からスタンドのファンの声援が後押ししてくれた」と話すと目を潤ませた山中だったが、ガッツポーズに関しては「2日目(二次予選)、3日目(準決勝)に1着でゴールした時にしたかったけど我慢した。取っておいた最終日にこうしてできて本当に良かった」と笑顔で話していた。

 地元勢が地元記念を制したのは02年の佐々木則幸以来。その佐々木も決勝で山中の後位を回って一緒に戦っていただけに、レース後は自分が勝ったような笑顔で胴上げの輪に加わっていた。

 決勝戦1~3着の次走斡旋は1着の山中貴雄は広島F1(19~21日)。2着の村上博幸は松戸ダービー(30日~5月5日)。3着の諸橋愛は平塚F1(22~24日)となる。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース