ウェスタールンド アンタレスS4着後に左トモ蹄骨骨折の疑い

[ 2019年4月15日 09:11 ]

<阪神11R・アンタレスS>1番人気で4着に敗れたウェスタールンド(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 14日のアンタレスSで1番人気に支持され、4着に敗れたウェスタールンド(セン7=佐々木、父ネオユニヴァース)は左トモ蹄骨骨折の疑いがあることが分かった。所有するサンデーレーシングが発表した。

 昨年12月のチャンピオンズC2着後、放牧を挟んで予定通り始動戦を迎えたが休み明けに加えて左トモの落鉄もあり、V発進を決めることはできなかった。栗東トレセンに帰厩後、歩様に違和感があったとしており、17日に検査を受ける。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年4月15日のニュース