【阪急杯】ダイアナヘイロー、坂路馬なり好走パターンで調整

[ 2019年2月21日 05:30 ]

坂路で単走で追い切るダイアナヘイロー
Photo By 提供写真

 昨年の覇者ダイアナヘイローは坂路を馬なりで軽快に駆け上がった(時計は4F53秒8)。原田助手は「最後はサラッと軽めに。状態は良さそう」と好感触。昨秋の2戦は京阪杯3着→阪神C1着と先行力を生かして粘った。「京阪杯の時から1週前にCWコースでビシッとやって、当週は控えるようにしている」と“好走パターン”をつかんだ。先週のフェブラリーSを逃げ切った武豊とのコンビ復活で、連覇に挑む。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月21日のニュース