【阪急杯】タイムトリップ、力感たっぷり伸び伸び

[ 2019年2月21日 05:30 ]

単走で追い切るタイムトリップ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 前走・石清水Sを勝って再びオープン入りしたタイムトリップはWコースで6F81秒8〜1F12秒9(強め)。体全体を使って、力感たっぷりに駆け抜けた。

 動きを見守った菊川師は「変わらずいいですね。前走も良かったけど、今回も高い水準で状態を維持できている」と満足そうだ。

 3歳春はオープン特別・クロッカスSを快勝。G1・NHKマイルC(6着)でも見せ場はつくった実力派。重賞挑戦は昨年の阪急杯(9着)以来、丸1年ぶりだが、当時も勝ち馬ダイアナヘイローから0秒3差と奮闘していた。指揮官は「スタート直後に他馬に寄られて、最後方になってしまった2走前(ファイナルS4着)も最後は凄い脚で伸びていた。開幕週なので前の馬が有利なのは確かだけど、極端な後ろではなく、うまく流れに乗れれば…。条件は合っているので」と勢いに託していた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月21日のニュース