【阪急杯】ミスターメロディ、キビキビ11秒6

[ 2019年2月21日 05:30 ]

福永騎手が乗り、CWコース単走で追い切られたミスターメロディ
Photo By 提供写真

 ミスターメロディは阪神C2着以来の実戦となる。最終追い切りは福永が騎乗してCWコースで単走。モヤの影響でラスト1Fしか確認できなかったが、体全体を大きく使って伸びやかなフォームでラスト11秒6をマークした。福永は「掛かり気味に行く馬だけど、去年よりマシになった。体つきも良くなっている」と成長を実感。続けて「やれば時計は出るし、仕上がりはいい。前に行けるので開幕週も大丈夫」と本番を見据えた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月21日のニュース