【レパードS】近2走惨敗も度外視!実績馬シゲルコング

[ 2017年8月2日 05:30 ]

 16年全日本2歳優駿で2着の実績があるシゲルコングだが、近2走の重賞は共に2桁着順に惨敗。それでも陣営に悲観の色はない。

 石井助手は「(2走前)ユニコーンSは度外視できるし、(前走)ジャパンダートダービーは距離が長かった」と敗因を分析。「オープンでもやれる力はあると思う。後は当日の気性面が鍵になる」と話していた。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年8月2日のニュース