【新潟新馬戦】好調・斎藤誠厩舎の好素材ウラヌスチャーム

[ 2017年8月2日 05:30 ]

 7月に10勝を挙げ、好調の波に乗る斎藤誠厩舎。土曜新潟5R(芝1600メートル)には好素材のウラヌスチャーム(牝、父ルーラーシップ)がスタンバイしている。

 母アメジストリングは4勝を挙げ、09年クイーンSで3着と活躍した。ゲート試験合格後は成長を促すため放牧へ。帰厩後はここを目標に「攻めてもイレ込むことはないし、標準以上の動き」と相田助手の感触もいい。1週前にコンビの石橋が騎乗し、態勢は整った。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2017年8月2日のニュース