【小倉記念水曜追い】サンマルティン行きっぷり抜群 椎本助手「元気がいい」

[ 2017年8月2日 12:25 ]

<小倉記念>追い切りを行うサンマルティン
Photo By スポニチ

 関東馬サンマルティン(セン5=国枝)は小倉ダートコース単走で最終追い切りを消化。テンから抜群の行きっぷりで5F68秒8〜12秒2を馬なりで刻んだ。

 椎本助手は「しまい重点で整える感じ。元気がいいし、自分で走ってくれるので、こちらはスピードをコントロールするだけ。滞在が合っているのか落ち着きがあってカイバをしっかり食べています」と好感触。

 母ディアデラノビアはフローラS、京都牝馬S、愛知杯と重賞を3勝した。折り合いに課題を残しながらも前走・むらさき賞で条件クラスを卒業した良血が重賞初参戦でタイトル奪取を狙っていく。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2017年8月2日のニュース