【弥彦記念】諸橋が地元記念初V「今後も一戦一戦頑張る」

[ 2017年8月2日 05:30 ]

<弥彦記念>優勝した諸橋(左)とAKB48の柏木由紀
Photo By スポニチ

 諸橋愛(79期)が地元記念初優勝を飾った。諸橋の記念優勝は15年8月の豊橋以来4回目。レースは木暮―朝倉―浅井―西村―渡辺―諸橋―稲垣―椎木尾―阿部。赤板で浅井―西村が上昇も稲垣が浅井を抑える。打鐘で渡辺―諸橋が稲垣を叩いて主導権。6番手の木暮が稲垣の外に追い上げると浅井が巻き返す。木暮が浅井をどかしてまくるが諸橋がブロックして追い込む。

 デビュー21年目で地元記念初Vを飾った諸橋は「本当にうれしい。地元記念のために練習して結果が出て良かったです。今後も一戦一戦頑張ります」と地元ファンの前で喜びを語った。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年8月2日のニュース