【梅ちゃん先生 特別編】10日東京8R キングオブアームズの鉄砲駆け

[ 2016年10月10日 08:00 ]

 前日のスポニチ紙上で推奨した土曜東京12Rのレッドゲルニカは鼻差負けの2着。がっちり踏み込んだ単勝、馬単、3連単馬券が胸ポケットの中で悔し涙を流した。同じ藤沢和厩舎のキングオブアームズで敵討ちだ。サラブレッドにとって3歳夏は最大の成長期といわれるが、このディープインパクト産駒もひと夏越して別馬のように変身した。張りに満ちた馬体。追い切りでも自信にあふれたストライドを繰り出している。今春は未勝利勝ち直後に共同通信杯へ挑ませたほどの期待馬。東京競馬場の長い直線で持ち前の瞬発力を生かせる。

 ≪京都9R エビスグレイトの巻き返し≫休み明けの前走(ダート1700メートル)は1200メートルを使った後の一戦とあって引っ掛かってしまった。それでも小差6着。先行馬が総崩れになる流れで2番手から粘っただけに内容は悪くない。実績ある1200メートル戦に戻ればチャンス。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2016年10月10日のニュース