【京都大賞典】ラブリーデイは3着「次に向けていいトライアルになった」

[ 2016年10月10日 16:53 ]

 2番人気ラブリーデイはキタサンブラックの直後で流れに乗ったが、手応えほど伸びず3着。ルメールは「勝った馬の後ろで完ぺきなレース。でも、ちょっと距離が長い。次に向けていいトライアルになった」と前を向いた。春は3戦連続で4着に惜敗していたが、今年初めて馬券圏内を確保。連覇が懸かる天皇賞・秋(30日、東京)に向けて、池江師は「着順を1つ上げたし、東京も(二千の)距離も合う。チャンスは十分あるでしょう」と3つ目のG1獲りに手応えを口にした。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2016年10月10日のニュース