【京都新馬戦】エーティーラッセン圧巻V 大出遅れも一転外強襲

[ 2016年10月10日 05:30 ]

 京都5R新馬戦(芝1800メートル)は6番人気の伏兵エーティーラッセン(牡=木原、父サマーバード)が、最後方から外強襲して豪快に差し切った。

 四位は「攻め馬も動いていたし、期待通り走ってくれた」と笑顔。見守った木原師は「スタートで横の馬がヨレて厳しい競馬になったけど、折り合いは付いていた。あの脚が“本物”であってほしいね」と期待を寄せた。今後は未定。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2016年10月10日のニュース