【中京5R新馬戦】3番人気ウルトラバロック 粘って押し切り∨

[ 2015年12月13日 12:52 ]

 メイクデビュー中京は13日、中京競馬場5R(芝・2000メートル・曇・やや重)で行われ、鮫島駿騎手騎乗の3番人気、ウルトラバロック(牡2=松田国厩舎、父ヴィクトワールピサ、母レン)が、後続馬の猛追をかわして押し切った。勝ち時計は2分7秒3。

 ウルトラバロックはハナを切って先行。2番手を、ショウナンアストル、スマートリディア、トーホウリーガルが争った。テイエムナナヒカリは最後方からの競馬となった。

 ゆったりとしたペースで3コーナーを通過。逃げるウルトラバロックをショウナンアストルなどが追走し、後方から追い上げてきたホッコーバロネスが3番手付近に浮上した。

 直線に入ると先頭のウルトラバロックを後続馬がとらえ、6頭ほどが横一線に。並ばれたウルトラバロックだったが、直線半ばで再び先頭に浮上。内から迫るテイエムナナヒカリをかわして、そのまま押し切った。

 テイエムナナヒカリが1/2馬身差の2着。そこから首差の3着にはショウナンアストルが入った。

続きを表示

「2019 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2015年12月13日のニュース