【カペラS】3番人気キクノストーム ゴール直前差し切り∨

[ 2015年12月13日 15:28 ]

<カペラS>レースを制したキクノストーム(14番)

 「第8回カペラステークス」(G3、ダート・1200メートル・小雨・重)は13日、中山競馬場11Rで行われ、内田騎手騎乗の3番人気のキクノストーム(牡6=吉田厩舎、父スタチューオブリバティ、母シラー)が、優勝した。勝ち時計は1分9秒7。

 エーシントップ、シゲルカガ、ミリオンヴォルツの3頭が先行争い。その中から、シゲルカガが単独の先頭に立ち、エーシントップが2番手、ミリオンヴォルツが3番手に続いた。エイシンヴァラー、キクノストームなどの人気馬は後方からの競馬となった。

 3、4コーナーをシゲルカガが先頭で通過。エーシントップが変わらず2番手に付け、カジキが中団後方から追い上げを見せて直線に入った。キクノストームは先頭から少し離れた中団後方付近に位置を取った。
 
 直線に入ると、カジキが猛追し、半ば付近で先頭に。そのまま先頭を守りきるかに思われたが、ゴール直前に後方から一気に伸ばしてきたキクノストームが差し切った。

 首差の2着にカジキ、そこから1/2馬身差の3着にはマルカフリートが入った。

 キクノストームは、初の重賞制覇。全成績は36戦7勝。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2015年12月13日のニュース