【香港カップ】日本馬ワンツー!エイシンヒカリ、G1初V

[ 2015年12月13日 18:02 ]

<香港カップ>レースを制した武豊騎乗のエイシンヒカリ(左)=AP

 競馬の香港国際競走が13日、香港・シャンティン競馬場で開催され、第8Rで行われた香港カップ(G1)で武豊騎手騎乗のエイシンヒカリが優勝し、2着にはムーア騎手騎乗のヌーヴォレコルトが入った。

 ハナを切って先行したエイシンヒカリは、直線に入っても先頭をキープ。ヌーヴォレコルトら後続馬の追走ををかわし、見事に逃げ切った。エイシンヒカリはこれが初のG1制覇で、1着賞金1425万香港ドル(約2億2230万円)を獲得した。武豊騎手は海外G18勝目。同レースに出走したステファノスは10着、サトノアラジンは11着だった。

 第7Rで行われた香港マイル(G1)では、ムーア騎手騎乗のモーリスが優勝。ダノンプラチナは7着。フィエロは9着に終わった。

 第5Rで行われた香港スプリント(G1)には、ミッキーアイル、サクラゴスペル、ストレイトガールの日本馬3頭が出走したが、ミッキーアイルの7着が最高だった。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2015年12月13日のニュース