【阪神6R新馬戦】3番人気ゴールドドリーム 直線伸ばして快勝

[ 2015年12月13日 13:33 ]

 メイクデビュー阪神は13日、阪神競馬場6R(ダート・1800メートル・曇・やや重)で行われ、川田騎手騎乗の3番人気、ゴールドドリーム(牡2=平田厩舎、父ゴールドアリュール、母モンヴェール)が直線で外から伸ばしてデビュー勝ち。勝ち時計は1分54秒0。

  ノーアトゥーンが好スタートからまずは先行。それにカナリーアイランドが並びかけ、2頭による先行争いとなった。1番人気のフォンターナリーリと2番人気のエイシンニトロは3番手を争う集団の中に位置を取り、ゴールドドリームは中団後方に構えた。

 3コーナーをノーアトゥーンとカナリーアイランドが並んで通過。フォンターナリーリがに3番手に付けた、ゴールドドリームも徐々に位置を上げて4コーナーへ向かった。
 
 4コーナー手前でノーアトゥーンとカナリーアイランドは後退。直線の半ばからは、フォンターナリーリ、エイシンニトロによる先頭争いとなった。しかし、その外から伸ばしてきたのはゴールドドリーム。鋭い末脚を見せつけ、前を行く2頭をあっさりかわして1着でゴールした。

 2馬身1/2差の2着がフォンターナリーリ。そこから鼻差の3着がエイシンニトロだった。

続きを表示

「2019 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2015年12月13日のニュース