【阪神JF】(12)ウインミレーユ 戦闘モード

[ 2015年12月13日 05:30 ]

 ウインミレーユは前走のりんどう賞で1着。ファンタジーS2着のメジェルダを負かしている割に人気がない。ファンタジーSの追い切りで転倒し、回避した影響を問題視しているとしたらそれは間違い。12日も坂路でキビキビとした動きを見せ、田中助手は「体つきが良くなって、夏場より毛ヅヤもいい。大事をとってやめたけど、ガタガタになったわけじゃないし、影響は全くない」と好感触。

 勝った新馬戦、りんどう賞とも「追い不足気味だった」と言うから潜在能力は底知れない。大敗した新潟2歳Sにしても道悪馬場でリズムを崩して力を出せなかっただけ。中2週と間隔が詰まっていたことも敗因と考えられ、間隔が空いた今回はプラスに働きそうだ。中間はしっかり攻められ「ピリピリして、いかにもステイゴールド産駒の牝馬という感じ」と戦闘モードに入っている。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2015年12月13日のニュース