加藤浩次「実力で強いんだっていう勝ち方」 ラグビー日本代表を絶賛

[ 2019年10月14日 09:45 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が14日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。ラグビーW杯日本大会1次リーグA組で日本がスコットランドを28―21で破り、4戦全勝、総勝ち点19として同組1位で準々決勝進出を決めたことに言及した。

 1987年に第1回が始まったW杯で、9大会連続出場中の日本の8強入りは史上初の快挙。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)、リーチ・マイケル主将(31=東芝)を中心とした「ONE TEAM」が、日本のラグビー界に金字塔を打ち立てた。日本は20日の準々決勝で、B組2位の南アフリカと対戦する。

 加藤は「死闘でしたね。すごかった。前回大会スコットランドに負けて決勝トーナメント行けませんでしたから、今回は4年越しで勝って行ったっていうことですもんね」と日本の勝利を絶賛。そして「勝ち方、言ったら日本の方が実力で強いんだっていう勝ち方ですもんね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月14日のニュース