AKBチーム8新メンバー10人お披露目!柏木由紀は“16歳下”に戸惑い「接し方が分からない」

[ 2019年10月14日 16:46 ]

お披露目されたAKB48チーム8の新メンバー。前列左から松村美紅(三重)、福留光帆(兵庫)、徳永羚海(鳥取)、蒲地志奈(岡山)、上見天乃(宮﨑)、後列左から布谷梨琉(秋田)、井上美優(岩手)、長谷川百々花(福島)、塩原香凛(新潟)、鈴木優香(静岡)
Photo By 提供写真

 AKB48グループが14日、横浜市内で握手会イベントを行い、47都道府県代表メンバーで結成されるチーム8の新加入メンバーをお披露目した。

 この日、お披露目されたのは、メンバー卒業で不在となっていた10県の新メンバーで、秋田・布谷梨琉(16)、岩手・井上美優(18)、福島・長谷川百々花(12)、新潟・塩原香凛(14)、静岡・鈴木優香(19)、三重・松村美紅(15)、兵庫・福留光帆(15)、鳥取・徳永羚海(13)、岡山・蒲地志奈(19)、宮崎・上見天乃(18)の10人。

 10人はファンへあいさつして意気込みを伝えたほか、初めての握手会にも参加した。最年少の長谷川は「たくさんの人がいて緊張したんですけど、ファンの方が温かく迎え入れてくれて、とても楽しかったです」と語った。

 長谷川と16歳の差がある柏木由紀(28)は「私がAKB48に入ったころ(06年)に生まれた子たちで、しかも(私が)親でもありえる年齢の子も入ってきて、正直どう思われているのかが心配です。接し方が分からない」と苦笑いしていた。

 チーム8は長く複数の欠員がいる状態が続いたが、福井県の新代表がそろえば結成当初の47人に戻る。チーム8の先輩・小栗有以(17)は「まずはいっぱい練習してダンスを踊れるように、そしてチーム8をさらに盛り上げたいという気持ちが大切だと思います。やる気が大事!」と後輩たちにエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年10月14日のニュース