久本雅美もあきれた「ホンマにクズやな」 千原ジュニアが暴露、三又又三の「踊るヒット賞」エピ

[ 2019年9月7日 14:54 ]

三又又三
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの千原ジュニア(45)が7日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(日曜正午)に出演。東京での仕事がほとんどなかった若手時代に経験した、タレント・三又又三(52)にまつわる“苦笑いエピソード”を明かした。

 お笑いコンビ「千原兄弟」として、大阪では人気を集めていたものの、東京では認知度が低く、仕事もなかった時代のこと。三又の当時のコンビ「ジョーダンズ」は売れっ子で、三又は番組出演が決まると、ジュニアに知らせにきていたという。

 始まったばかりの「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演することを伝えに来た時のこと。「身内のおかしな人のエピソード。おまえが出るとしたらどんな話をするんだ」と聞いてきたといい、ジュニアは、店で母親とすしを食べている時に、ジュニアの存在を店内の一般人に気づいてほしくて「これ食べ、千原くん」とわざと名字で呼んだ母親の話を披露したのだという。

 その2週間後の「さんま御殿」オンエアでは、三又が「おかんが『三又くん』って…」とジュニアの話を引用し、さらに一番面白かったコメントに贈られる「踊る!ヒット賞」も獲得。ジュニアの暴露話に、MCの久本雅美(61)も「三又さんはある意味、芸人の中でもクズやって言われてるけど、ホンマにクズやなあ」と大笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年9月7日のニュース