映画「麻雀放浪記2020」白石監督 墓前に公開報告 原作・阿佐田哲也さんの命日 

[ 2019年4月11日 09:00 ]

阿佐田哲也さん30回目命日にお墓を訪れた白石和彌監督(左)と色川孝子さん(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 映画「麻雀放浪記2020」の白石和彌監督(44)が原案小説の作者である阿佐田哲也さん(本名色川武大)の30回目の命日に当たる10日、阿佐田さん夫人の色川孝子さん(75)と東京・谷中霊園を訪れ、公開を墓前に報告した。

 出演者のピエール瀧被告(52)が麻薬取締法違反容疑で逮捕、起訴される事件が起こったが、配給の東映はノーカットで上映に踏み切る英断を下した。孝子夫人は「麻雀自体がすたれている中で企画してくださり、あの人も感謝していると思います」。白石監督も「感無量です」と神妙に手を合わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年4月11日のニュース