市村正親「オイシイところ盗んでます」、鹿賀丈史とWキャストでミュージカル「生きる」

[ 2018年10月8日 05:30 ]

公開稽古を終え会見した(左から)演出の宮本亜門氏 鹿賀丈史、市村正親、市原隼人
Photo By スポニチ

 俳優の市村正親(69)と鹿賀丈史(67)がダブルキャストで主演するミュージカル「生きる」(8〜28日、東京・TBS赤坂ACTシアター)の公開稽古が7日、同所で行われた。

 1952年に公開された黒澤明監督の同名映画を世界で初めてミュージカル化。2人は劇団四季時代から約45年の付き合いのゴールデンコンビ。鹿賀が「市ちゃんの演技は稽古から一回も見てない。それぞれが自分でつくり上げないとつまんない」と話す一方、市村は「僕はしょっちゅう見て、オイシイところを盗ませていただいてます」と話し報道陣を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月8日のニュース