北川景子のハグにドキドキ…千葉雄大「思春期に戻ったよう」

[ 2018年10月8日 17:03 ]

映画「スマホを落としただけなのに」完成披露試写会に出席した(左から)中田秀夫監督、千葉雄大、北川景子、田中圭、成田凌
Photo By スポニチ

 女優の北川景子(32)が8日、都内で映画「スマホを落としただけなのに」(監督中田秀夫、11月2日公開)の完成披露試写会に共演の千葉雄大(29)、成田凌(24)、田中圭(34)とともに出席した。

 恋人がスマホを落としたことで、不可解な事件に巻き込まれていく、現代に潜む恐怖を描いた新感覚のノンストップ・ミステリー。作品の内容にちなみ、今だから言える秘密を聞かれた千葉は「この作品で久しぶりに北川さんにお会いしたのですが、会った時『久しぶり!』ってハグしてもらった。思春期に戻ったようにドキドキした」とテレながら告白。すると北川は「すごい極限のお芝居の時に、久しぶりに知っている人が来て安心してうれしかったです。追い詰められているシーンにオアシスのように現れたので心が救われました」と明かしていた。

 一方、成田は「高校生の時に“この髪型いいな”と思って美容室に千葉雄大の写真を持っていったことがあります」と話して千葉ら共演者を驚かせた。

 田中は「撮影の最終日に景子ちゃんから『ずっと思ってたことがあるんですけど』って言われて、怒られるのかなって思ってたら、『田中さんってずっと右足重心ですよね』って言われた…。そう言われてから左重心にしてます」と苦笑い。すると北川は「整体に行ってるって言ってたので左右のバランス考えた方がいいと思って気付いたから言ったの」とアドバイスし、会場の笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月8日のニュース