娘のため救急車 チャンカワイ「舌切ったぐらいで…」批判に猛反論「怒りの矛先がズレてる」

[ 2018年7月24日 12:38 ]

チャンカワイ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「Wエンジン」のチャンカワイ(38)が24日、自身のブログを更新。娘が舌を切り出血したため、救急車を呼んだことを報告したブログに「舌を切ったぐらいで…」と批判するコメントが寄せられたことに反論した。

 チャンカワイは22日のブログで、娘が自宅で自分の舌を歯で切ってしまったことを報告。「その血の量たるや、小さな体から想像も出来ない量がボトボト出ちゃったんです。僕は真っ先に救急車を呼びました。奥さんのチャンママは、動かないようチャン子を抱きしめながら号泣」と振り返り、娘に何もしてあげられなかった後悔から応急処置の講座を受けたことを明かした。

 講座を受け、「『何が何でも、自分の子を守る!』この無謀さが分かった」とし、「もし万が一、チャン子に何かが起こってしまったら、『何が何でも病院まで繋ぐ!』。今の僕は、この意気込みになってます」と救急車、応急措置の重要性をつづった。ところが、このブログに対し「舌を切ったぐらいで」「本当に救急車を必要としている人がいることを分かっていない」との批判が寄せられた。

 この日、チャンカワイはブログでこれらの批判に「コメントを書いてくれた方の中に、怒りの矛先がズレてる方々がいらっしゃると思うので、意見を言います」と切り出し、「『舌を切ったぐらいで』と、現場を知りもしない方が言えちゃう、その考えが怖いと言っておる」と反論。「生死を彷徨ってるかなんて一般では分からないから、危ないと思ったら頼るところがある!と叫んだんです」と真意を説明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年7月24日のニュース