アジアン隅田美保 婚活で出会ったLINEの男 携帯忘れたのに着信音が…

[ 2018年5月26日 13:46 ]

お笑いコンビ「アジアン」隅田美保
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アジアン」の隅田美保(42)が26日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)にゲスト出演した。婚活するため芸能活動を休業していた最中、出会った衝撃的な男たちを明かした。

 芸人として東京に進出してきたころ、かっこいい人たちと知り合うことが多くなったといい「飲む機会が増えて…。ウォッカとかテキーラとか。気持ち良くなってやらかしてしまって。朝まで飲んで寝坊してしまいました」と当時の失態を告白。相方の馬場園梓(37)は「夕方4時になっても来ないんですよ」と付け足した。

 「そしたら事務所に呼びされまして『いい加減にせいよ』って言われました。でもこれを機に婚活してみようって思ったのがきっかけです」と婚活に力を入れるようになった経緯を明かした。

 結婚へ至るまでの理想を「自然に結婚に持っていきたい」と力説。「婚活サイトとかに登録したら簡単に結婚できちゃうでしょ。だからそういうのに登録するのは嫌なんです」とコメント。馬場園は「いや、あなた簡単に結婚したいんでしょ?」とツッコんだが「私今まで誰とも付き合ったことないんですよ。だから運命的な出会いを探してた」と話し、合コンに積極的に出かけ出会いを探していることを伝えた。

 司会の久本雅美(59)が「“LINEの男”ってなんですか?」と隅田に質問。隅田は「行きつけのお店で、店員がタイプの男性やったんですね。仲良くなりたいって思って『よかったらLINE教えてください』って聞いたんです。でもその人から『ケータイ忘れたんですよ』って言われたんです」。だが直後、「その男性のポケットから“LINE”っていう着信音が聞こえんたんですよ」と失笑しながら話すもスタジオは爆笑だった。

 さらに久本は「“郵便配達の男”っていうのは?」と聞くと、「ある日配達が届いたんですよ。かっこいい人がいるって聞いてたんでその人かなぁと思ったらその人やったんです」と郵便配達の男性が噂通りにイケメンだったことを伝え、「私、美しく保つって書いて「みほ」って言うんですよ。でも私の容姿見た時に『“よしやす”さんでいいですか』って言われたんですよ」とまさかの名前を読み間違えられたことを暴露。久本が「何て言ったん?」と興味津々に聞くと「『はい』って言いました」と隅田は意気消沈していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月26日のニュース