東野幸治 皿洗いで右手10針縫うケガ「早くゼルダをしたく…」包帯姿で「ワイドナショー」出演

[ 2018年1月28日 10:01 ]

東野幸治
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの東野幸治(50)が28日、MCを務めるフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。右手に包帯を巻いて登場した。今月22日、皿洗いの際に10針縫うケガを負ったことと明かした。

 番組冒頭、「健康が何よりでございます。個人的なことなんですが」と切り出した東野。22日午後4時、自宅で急いで皿を洗っていたところ「僕も力があるのか知りませんが、白いお皿がパリンと割れてしまって」手を切った。10針縫うケガで「救急病院を2軒ぐらい回って。きれいに切れていなかったんですよ。ザクザクと切れてしまって」と振り返った。

 急いだ理由は、この日朝に届いたニンテンドースイッチのゲーム「ゼルダの伝説」に夢中になり、早くゲームをしたかったから。「、今、親指がちょっと…。ゼルダ、できないんですよ」と明かした。

 今月14日放送の同番組で、東野は「今年一番運勢がいい」と言われていたが、ダウンタウンの松本人志(54)は「やったー、ってガッツポーズ取った手が10針。(占った)島田秀平、クソだな」と笑いを誘った。

 前日27日、大阪・朝日放送「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(土曜前9・30)に生出演。番組の最後に「実はちょっとケガしておりました。申し訳ございません」と笑顔で右手をかざしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年1月28日のニュース