明石家さんま「左手でいけ!」木田GM補佐に助言したワケ

[ 2017年10月29日 13:46 ]

お笑いタレントの明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(62)が28日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。プロ野球ドラフト会議で早実・清宮幸太郎内野手(18)を引き当てた日本ハム・木田優夫GM補佐(49)に助言を送った裏話を明かした。

 26日に行われたドラフト会議で7球団が清宮を1位指名し、競合の末、日本ハムが交渉権を獲得した。木田GM補佐は「明石家さんまさんに“左手でいけ”と言われました」といい、実行。その結果、交渉権を引き当てたことが話題になっていた。

 ドラフト前夜に木田GM補佐と食事をしたといい、その際「不思議なことに、何の前触れもなく『左手でいけ』ってすぐ言ったんです」とさんま。毎年聖夜に出演している「明石家サンタ」(フジテレビ系)では、放送終了後に商品をスタッフにくじ引きで配っているが、さんまが右手でくじを引くと商品の分配で偏りが起きてしまうのだという。

 「右手やったら、考えてしまう。だから、思ったとおりにあんまりいかない。ちょっと違うところ(スタッフ)にいきたいなって時は、左手で行くようにしてる」とし、利き腕でない左手で引くと実際に「『あ、大道具さんに当たった』とか、『今回は美術さんや』とか、左手の方が確率高い」とまんべんなく商品が行き渡っていると明かした。

 また、「左手」の助言だけでなく、「壇上に上がる時にコケろよ」とアドバイスしたとも。ただ木田GM補佐からは「人生がかかるイベントなんで、ギャグできないんですよ」と断られたことも打ち明けて笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年10月29日のニュース