是永瞳「スピードや技の切れに注目して」毎日新聞CMで空手披露

[ 2017年10月29日 06:40 ]

IOC加盟の国と地域の旗が掲げられた、毎日新聞東京本社があるパレスサイドビル前でポーズをとる是永瞳と荒賀龍太郎
Photo By 提供写真

 女優の是永瞳(22)が28日、東京・竹橋の毎日ホールで行われた毎日新聞のCM発表会に出席した。

 空手三段で東京五輪空手スペシャルアンバサダーを務めており、CMでは空手の形も披露。「空手ならではのスピードや技の切れに注目してほしい」と笑顔。この日は東京五輪開幕までちょうど1000日。東京五輪で空手の解説を行うことも視野にMCのレッスンも積んでおり「3年後に向けてもっと技術を磨きたい」と意気込んだ。

 昨年の世界選手権で組手の男子84キロ級で金メダルを獲得した荒賀龍太郎(27)と試合形式の実技にも挑んだ。同社の朝比奈豊会長は「是永さんのりんとした姿勢は、私たちが目指しているものと通じる」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年10月29日のニュース