ゆりやん「ロク−1」優勝!たった6秒で賞金100万円「脂肪吸引に使います」

[ 2017年10月29日 19:25 ]

ロク−1グランプリを制したゆりやんレトリィバァ
Photo By スポニチ

 ピン芸人のゆりやんレトリィバァ(26)が29日、大阪市内で開かれた映像配信サービス「大阪チャンネル」の番組企画「ロク−1グランプリ」決勝大会に出場し、優勝した。賞金100万円を手にし、「月並みですが、脂肪吸引に使います」と言って、笑わせた。

 出場60組が6秒動画を制作し、公開。キングオブコント王者の「かまいたち」ら再生回数上位10組がこの日の決勝に進出した。ゆりやんは、「クラスに絶対1人はおるやつ」と題し、眉毛を必死につり上げて「11」を作ろうとする人を熱演。審査員長の板尾創路(54)には「後にどうなるか想像させる奥行きがある」と好評を得た。

 たった6秒で100万円、時給換算すれば6億円というのが売りの同大会を制したゆりやん。MCの陣内智則(43)からは手抜きを指摘され、大会後の会見では撮影時間は「6秒です。何回か撮って、いいのを選んだ」と白状した。だが、「ネタ作りは3年くらいかかった。やっと披露できました」と主張。「常に100%でやらせてもらってます!ここは語弊のないよう丁寧に言わせて下さい」と必死にアピールしていた。

 なお、午後4時15分からの同大会生配信に、板尾と陣内が遅刻するハプニングもあった。台風22号の影響で羽田発の飛行機に遅れが生じたため。陣内は20分遅れての登場、板尾の出番時間は約5分だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年10月29日のニュース