インパルス堤下「当分の間」謹慎 本人コメント「深くお詫び」

[ 2017年10月29日 05:30 ]

「インパルス」の堤下敦
Photo By スポニチ

 27日に横浜市内の国道で乗用車を運転中、ごみ収集車に追突する事故を起こしたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(40)について、所属事務所の吉本興業が28日、謹慎処分とすることを文書で発表した。期間については「当分の間」としている。

 神奈川署によると、収集車に乗っていた男性2人が首に軽傷を負い、署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで捜査。関係者によると、27日に任意で行った尿検査と血液検査の結果はまだ出ず、堤下は自宅に戻り謹慎に入った。

 6月にも、睡眠導入剤を服用した状態で自損事故を起こし書類送検されている。2度続いた事故で、吉本興業は「事態の重大さを認識した」と説明。堤下も「被害者の方々に深くお詫(わ)びいたします。重ねてファンのみなさま、関係者のみなさまにご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ございません」と謝罪のコメントを出した。

 28日にコンビで予定した群馬県と都内の2大学での学園祭出演をキャンセル。コンビとして出演する仕事は当面、取りやめるという。相方の板倉俊之(39)は近日中に会見する予定という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年10月29日のニュース