NHK 広陵・中村の新記録6号の瞬間にニュース「これ以上ないバッドタイミング」

[ 2017年8月22日 11:45 ]

第99回全国高校野球選手権大会準決勝   広陵―天理 ( 2017年8月22日    甲子園 )

<天理・広陵>5回無死、同点本塁打を放つ広陵・中村
Photo By スポニチ

 第99回全国高校野球選手権大会準決勝は22日、甲子園球場で行われ、今秋ドラフト1位候補・広陵(広島)の中村奨成捕手(3年)が5回、中越えソロ本塁打。今大会6号とし、1985年に清原和博(PL学園)がマークした1大会個人最多本塁打記録を更新した。試合を生中継していたNHK総合は、11時のニュースのため、歴史的瞬間を伝えられなかった。

 3番・中村は3―4と1点を追う5回の先頭打者。2ボールから中越えへソロ本塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 NHK総合は4回裏が終わった午前11時3分、ニュースに切り替え。中村が大会記録5本塁打に並んだ初回先制2ランなどの話題を伝えた。

 ニュースが明けた午前11時7分、1死無走者、5番・加川の打席。既に、中村が新記録を達成した後だった。加川が三ゴロに倒れた後、実況は「この回の先頭バッター・中村奨成、新記録が出ました」と伝えた。

 インターネット上には「リアルタイムで拝めなかった」「これ以上ないバッドタイミング」などの声が上がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年8月22日のニュース