市川由紀乃 伏見稲荷初の歌唱奉納、紅白出場祈願

[ 2016年11月8日 05:30 ]

京都・伏見稲荷大社で新曲ヒットと紅白歌合戦出場を祈願し、名所の千本鳥居で笑顔を見せる市川由紀乃

 演歌歌手の市川由紀乃(40)が7日、京都・伏見稲荷大社でNHK紅白歌合戦への出場祈願を行った。

 母親の松村栄子さん(78)が41年前、子宝を授かるよう願ったところ誕生したのが市川。この日は、歌手として同大社約1300年の歴史で初めての歌唱奉納を行い、出荷9万枚と好調の新曲「心かさねて」などを熱唱した。ゆかりの地で大きな歓声を受け「感動です。(紅白は)誰もが立ちたいと思うステージ。命を咲かせていただいた伏見稲荷に、今度は歌手としての命を咲かせて恩返ししたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年11月8日のニュース