「とと姉ちゃん」週間平均視聴率22・9%!21週連続の大台超え

[ 2016年8月29日 10:00 ]

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインを務める高畑充希

 女優の高畑充希(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(月~土曜前8・00)の第21週の平均視聴率は22・9%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが29日、分かった。自己最高を記録した前週の24・5%超えはならなかったが、21週連続の大台超えとなった。

 週間平均は第1週21・7%。全156回を通じた期間平均23・5%で今世紀最高を記録した前作「あさが来た」の第1週平均20・3%を上回った。第2週以降もすべて20%超えと高水準で推移し、第20週で自己最高の24・5%を記録した。

 各日の番組平均は、22日24・9%、23日22・7%、24日23・0%、25日22・0%、26日22・5%、27日22・2%だった。

 昭和初期から高度経済成長期を背景に、亡き父親に代わり、一家の大黒柱として母親と2人の妹を守る「とと(=父)姉ちゃん」こと小橋常子(高畑)が戦後の東京で女性向け雑誌を創刊する姿を描く。モデルは雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子。10月1日まで全156回。

 第21週は「常子、子供たちの面倒をみる」。常子(高畑充希)の発案した商品試験が本格的に始動する。まずはトースターからと活気づく編集部に、星野(坂口健太郎)から自社の製品を提供したいと連絡がくるが、常子は試験の理念を守るため断ることに。申し訳ないと感じた常子が星野の家を訪ねると、息子の大樹(荒井雄斗)が熱を出して倒れていた。星野は会社の事情で週に一度どうしても帰宅が遅くなるという。こうして常子は、週に一度だけ星野の子どもたちの世話をし、星野の帰りを待つ生活が始まる。そんな常子に美子(杉咲花)から衝撃の事実が告げられる…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年8月29日のニュース