NEWS、絆深まった!騒動乗り越え24時間テレビ無事“完走”

[ 2016年8月29日 05:34 ]

「24時間テレビ」チャリティーマラソン涙の完走!笑点メンバーが林家こん平(前列左)と林家たい平(前列右)をバンザイでたたえる

 日本テレビ「24時間テレビ39」が28日、無事終了した。出演予定だった高畑裕太容疑者(22)が放送4日前に強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕され、急きょ降板。出演シーンの差し替えなど対応に追われたが、出演者・スタッフが一丸となって乗り切った。チャリティーマラソンランナーを務めた落語家の林家たい平(51)も無事ゴールした。

 メインパーソナリティーを務めたNEWSの4人は放送後に会見。事件を乗り越え、完走した充実感などを語った。

 番組は事件の余波が収まらない中、スタート。手越祐也(28)は事件後、友人や共演者から「大丈夫なの?」と心配されていたといい、加藤シゲアキ(29)は「始まった時、緊張感はあった」と明かした。

 27日に放送された加藤主演のドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」は裕太容疑者の出演シーンを撮り直し。小山慶一郎(32)を代役に立て25、26日の2日間かけて撮影と編集が行われた。小山は「僕らは全力でやらせてもらうことが使命だった」と淡々と語ったが、加藤は「小山はひょうひょうとしてますけど、急な時間で役づくりして凄いプレッシャーだったと思う」と対応力を称えた。

 番組ではほかに、裕太容疑者と母で女優の高畑淳子との親子企画もカットされた。番組宣伝用のポスターは裕太容疑者の上から画像を貼るなどで対処したが、企業向け営業用の広告ポスターは数千枚を刷り直し。番組開始までドタバタで前代未聞の事態に対応した。

 メンバーの脱退などさまざまな試練を乗り越えてきたグループらしく、手越は「僕らNEWSはドタバタに慣れてる。願っていたことではないけど、それ(事件)によって一致団結できた」と強調。増田貴久(30)は「必死だった」と振り返り、加藤は「どうにか乗り越えようという気持ちだった。美しい24時間テレビにすることができたのは、そういうことも影響したと思う」と充実の表情で語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年8月29日のニュース