ASKA、テレビで逮捕後初の姿 ブログは「心境があったんで書きました」

[ 2016年7月22日 15:19 ]

フジテレビ「直撃LIVEグッディ」の直撃取材を受けたASKA

 2014年9月に覚せい剤取締法違反罪で有罪判決となった歌手ASKA(58)が、21日にフジテレビ「直撃LIVEグッディ」(月~金曜後1・55)の直撃取材を受け、開設したブログについて自身が更新していると認めた。VTRは22日の同番組内で放送された。14年の逮捕後、ASKAの姿がテレビで報じられたのは今回が初めて。

 黒縁眼鏡で紺色のジャケットを着たASKAは、自宅と見られる建物の前で直撃を受けた。取材スタッフが質問を始めると「ああ、ごめんなさい」と断り建物内に入った。インターネット上では激太りしたという情報もあったが、容姿に大きな変化はなかった。

 4時間後、外出するASKAを再び直撃。ブログ更新について聞かれるとASKAは「しています」と答えた。どういう心境で書いたのかという問いかけには「いや、心境があったんで書きました」と返答。歌手活動は再開するかという質問には「ありがとうございます。頑張ります」と応じ、車に乗り込んだ。

 ASKAは1カ月限定のブログを18日付で開設。「この半年間のできごとについて」と題し、盗聴被害を主張したことが覚醒剤の後遺症と判断され、国が定める「医療保護入院」という制度の下「入院をさせられてしまっていました」と報告した。

 21日のブログでは「青山で知人と会って家に戻ったら、やられちゃいました。フジテレビのカメラでした。ものすごくクールに対応してしまったので、とても機嫌が悪く映ってしまったかもしれません。カメラマンさん、本当は、ちゃんと対応したいんですよ。勝手に口を開くわけにはいかないんです」と取材時の状況について説明。22日の放送前には「グッディは1時45分からみたいですね。僕も、自分の不機嫌な顔を観てみましょう。何せ、体型が変わっていますから。体重、90キロですからね。嘘です」とつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年7月22日のニュース