PR:

「GTO」出演のあの美少女…10代でがん発症、命がけの出産

1997年、女優として将来を期待されていた希良梨

 女優で歌手の希良梨(きらり、35)が22日、TBS系「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。がんを患いながらも、長男を出産したことを明かした。

 1998年、反町隆史&松嶋菜々子出演の大ヒットドラマ「GTO」で、中心生徒の一人、水樹ナナコ役を演じて人気を博す。その後も映画やCM、雑誌などでも活躍し、若手女優として将来を期待されるも、20歳で突然の引退。実は、病気を隠してのことだった。

 病気が分かったのは、19歳の時。生理痛だと思っていたがあまりにも痛みがひどく、母に促されて病院へ。検査を受けてみると、子宮頸がんだった。手術を受けるが、再発の不安は残る上、病気への偏見もあったため、公表できなかったという。

 その後、2008年、台湾で知り合った男性と結婚。2度の苦しい流産ののち、3度目でようやく順調に進みかけたとき、がんの再発が発覚。お産の前に手術が必要だと告げられ、夫も妻の命を優先することを望む。それでも、どうしてもこの子を産みたい、と命がけで出産を選んだ。

 その時生まれた長男は今、7歳になった。子供の命も、母体の健康も、守られたのだった。ママについて聞かれ「おこると、ギラリになる~」と笑う息子を、希良梨は幸福そうに抱きしめていた。

[ 2016年7月22日 20:16 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月20日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル