山本圭壱 10年ぶりTV登場の裏事情…極楽の“今後”語るか

[ 2016年7月22日 09:55 ]

「極楽とんぼ」時代の(左から)山本圭壱、加藤浩次(2006年撮影)

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」山本圭壱が、放送20周年を記念した30日放送の「めちゃ×2イケてるッ! スペシャル」に10年ぶりに登場する。フジテレビが“不祥事”を起こした山本の地上波復帰に踏み切った形。インターネット上などでの風当たりはまだまだ強く、どんな反響を呼ぶのか、同局関係者も読み切れないでいる。

 番組は7月12日から数日間収録したとみられ、内容については極秘扱い。相方の加藤浩次も毎日放送(大阪市)のラジオ番組で「見ていただくしかないかなと思います」と内容を明かさなかった。複数の関係者の話を総合すると、今後の極楽とんぼの方向性につながる話も出てくるようだ。

 実は今回、「めちゃイケ」のオファーと同時進行で、インターネット放送局「AbemaTV」の情報番組に出演するプランも進んでいた。その中で山本は、多大な迷惑をかけた“古巣”を優先したと見られる。

 山本は2006年に淫行騒動を起こし、吉本興業を契約解除となった。所属していた萩本欽一の社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の北海道遠征中の不祥事とあって球団も解散した。その後、山本は不起訴となったが、芸能界からフェードアウト。本格復帰となったのは昨年1月。この1年半は、週1回のコミュニティーラジオ「宮崎サンシャインFM」に出演しながら、ライブ活動や講演会、パチンコの営業などを行ってきた。

 吉本への復帰は、複数の同社関係者が「そんな話は出ていない。これからも可能性はないと思う」「もう弊社の所属ではないですし、かなり難しいのでは」と否定しており、軌道に乗るにはまだまだ時間がかかりそうではある。ただ、芸人仲間は温かい目で見守っている。山本の後輩は「ここまで10年。本当に長かった。吉本に即復帰とはいかないですけど良かったです」。大物芸人の1人も「(吉本復帰も)もう、そろそろいいのではないか」と周囲に話している。

 「めちゃイケの収録を終えて、山本さんは淡々とした様子でした。ただ、心の中では、やっとここまで来たとは感じているとは思います。これから露出が増えるようになればいいんですけど」(テレビ局関係者)。周囲によると、今後は地上波だけでなく、インターネット番組への出演も検討しているという。

 これまでの10年に対して山本は何を語るのか。待ち続けた相方・加藤の表情にも注目したい。腹から笑える展開になるのか、しっかりと、その瞬間を確認したいと思う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年7月22日のニュース