実はバレていた?知英 JYの公表に「スッキリしました」

[ 2016年3月19日 16:36 ]

「最後のサヨナラ」発売記念、タワーレコード渋谷1日ストアマネジャー就任式にソロアーティスト・JYとして初めてイベントに登場した知英は集まったファンに手を振る

 元「KARA」で女優の知英(22)がソロアーティストのJY(ジェイワイ)としてソロデビュー。19日、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店にソロデビューを記念したイベントを行った。

 知英は出演ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課」(日本テレビ)の主題歌を担当するソロアーティストのJYとして「最後のサヨナラ」で16日についにソロデビューを果たした。14年4月にKARAを脱退後、女優業に専念してきた。「チームから出てきて、女優活動をしてきて、歌うのも踊るのも好きだったので、また歌いたいというのはずっと思っていた。ソロデビューに2年ぐらいかかったけど、悩んで悩んだ選択だったけど、良かった。ファンの方からもまた歌ってくれてありがとうというコメントをもらってうれしい」と念願だったソロデビューに笑顔。「歌手、女優、ソロデビュー、3回目のデビューかも。また歌えることが幸せ。毎日がドキドキして寝れない」と目を輝かせた。

 JYの正体は明かされないまま、ドラマも放送されていたが、16日放送の最終回直前にその正体が知英であることが発表された。「去年の夏ぐらいから歌手をやることに決まって、レコーディングとかPVの撮影していたけど、(黙っているのは)大変でしたね。ずっと内緒にしてきて、やっと発表できて良かった。JYですって、自分の口から自分の名前を言えるのがうれしいですし、スッキリしました」とようやく公言できることに安どの表情を浮かべた。

 実は周囲にはJYの正体に気付いていた人もいたようで「言われてたけど、違いますっていうのもウソですし、笑ってごまかすしかなかった。ハハハ、誰でしょうって」と苦笑いで心苦しかった日々を振り返った。ドラマのオープニングテーマで世界47カ国・地域でデビュー予定の「RADIO」も先月17日から先行配信されており、iTunesのポップチャートで1位となるなど話題沸騰。「まさか1位になると思わなかったですし、まだ信じられないし、夢のようでした」と笑った知英。今後のJYとして活動については「まだ始まって1週間も経っていないが、これからはいい曲を作って皆さんに届けたい。アルバムも頑張って作っているし、単独コンサートもやりたい。皆さんに会える機会を作りたい。まず最初は小さいところでもいいです。大きく夢を見れば、アリーナとか頑張ります」と期待を膨らませた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年3月19日のニュース