「東京ラブストーリー」続編連載検討 25年後読み切り好評で

[ 2016年1月31日 05:30 ]

「週刊ビッグコミックスピリッツ」最新号に掲載された「東京ラブストーリー」読み切りに登場した現在のカンチとリカ(C)柴門ふみ/小学館

 90年代の恋愛漫画の名作でテレビ版の“トレンディードラマ”も大ヒットした「東京ラブストーリー」の続編連載が検討されていることが分かった。同作は、25年後を描いた読み切り作品が漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」最新号に掲載されて反響を呼んでいる。バブル期に青春を過ごした40~50代の読者にとって、見逃せない作品となりそうだ。

 「東京ラブストーリー」は、25日発売の「スピリッツ」に40ページの読み切りが発表されて反響を呼んだばかり。さらに今後、連載など本格的な続編が計画されていることが分かった。作者の柴門ふみさんは、スポニチ本紙の取材に「もっとボリュームのある続編を描く予定。内容や期間などは関係者と相談中」と話した。

 同作は単行本4巻で累計250万部を発行。鈴木保奈美(49)がリカ役、織田裕二(48)がカンチ役のドラマ版は最高視聴率32・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。バブル時代の真っすぐな恋愛がオシャレな都会生活の中で描かれ、アラフィフ世代にとって青春の象徴。性に奔放なリカの名ぜりふ「カ~ンチ!セックスしよ!」や、小田和正の歌う主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」も話題になった。カンチとリカは結ばれずに物語は完結した。

 読み切りは「東京ラブストーリー ~After25years~」で、カンチは50歳の設定。娘から「リカの息子と結婚する」と電話で告げられる、まさかの展開だ。

 編集部が同誌創刊35周年企画として提案したのが、復活のきっかけ。柴門さんは「2人が50歳の今なら、面いものが描ける。女は子育ての終わり、男は定年が見えてくる。中年の生々しい恋愛でなく、人生全体が描ける」と快諾。作品には「若い時の恋愛は一生の宝物。友情もそう。若い頃出会った人は大切な財産」とのメッセージを込めた。描き始めると「(主要キャラの)三上と長崎さんの話も描きたかったが、ページが足りず断念した」と本格的な続編執筆の意欲が膨らんだようだ。

 編集部には「自分と同世代で泣きそうになりながら読んだ。昔の彼女はどうしてるだろう」「青春時代を思い出した」「もう漫画から卒業した友達と久々に盛り上がった」などの声が寄せられた。一方でネット上には「ルックスの変化にがっくり」「50歳のオッサンオバサンの恋愛は見たくない」などの声も。大切な思い出だからこそ、複雑な思いを持つ読者もいるようだ。

 ▽東京ラブストーリー 88~90年、週刊ビッグコミックスピリッツで連載。91年ドラマ化。東京の広告代理店に就職した永尾完治は、同僚で自由奔放な赤名リカに振り回されながらも引かれていく。幼なじみの三上健一、高校の同級生の関口さとみとの三角関係も絡み合って複雑な恋模様が展開される。

 ◆柴門 ふみ(さいもん・ふみ)1957年(昭32)徳島県生まれ。79年デビュー。83年「P.S.元気です、俊平」で講談社漫画賞、92年「家族の食卓」「あすなろ白書」で小学館漫画賞受賞。青年誌で活躍する女性作家の草分け的存在。「同・級・生」「Age’35」「非婚家族」「女ともだち」など映像化作品多数。夫は「島耕作」シリーズの弘兼憲史氏。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年1月31日のニュース