ディーン・フジオカ 初のドSキャラに「不安 日常会話に影響が…」

[ 2016年1月5日 14:05 ]

TBS「ダメな私に恋してください」制作発表会見に出席したディーン・フジオカ

 俳優のディーン・フジオカ(35)が5日、都内のスタジオでTBS系連続ドラマ「ダメな私に恋してください」(12日スタート、火曜後10・00)の制作発表に主演の深田恭子(33)らと出席。ドSキャラ初挑戦に「日常の会話に影響が出ないか、不安」と漏らした。

 出演中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜前8・00)で“近代大阪経済の父”と呼ばれる五代友厚役を好演し、人気急上昇中のディーン。民放の連続ドラマ出演はフジテレビ「探偵の探偵」(15年7月期)以来、2作目となる。

 ディーンは深田演じる30歳独身彼氏なし、仕事なし、貯金なし、あるのは肉への欲望だけという主人公の元上司で、ドSな喫茶店マスター・黒沢を演じる。

 主人公の恋のお相手となるドSな元上司という役どころに「(深田演じる)ミチコを下僕としていじめ抜くので、ぜひ楽しみしてください」とニヤリ。喫茶店のマスターということで、料理シーンもあり「普段から料理はするんですけど、(ドラマでは)魅せる料理なので…厳しい先生のもと、ドSな指導を受けていました。一石二鳥でした」と笑わせた。

 普段もドSなのかと聞かれると「だいたいこんな感じですね」とジョークを飛ばしつつ「あまりドSがよく分からず、始めてしまった」と本音もポロリ。「いま、一歩ずつ階段を上がっている感じ。日常の会話に影響が出ないか、不安ですね。ポロッと出ちゃったりしてドキッとしています」と苦笑いを浮かべた。

 会見には三浦翔平(27)野波麻帆(35)ミムラ(31)も出席。初回は15分拡大で放送される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年1月5日のニュース