紅白、年間1位は死守 “国民的番組”の面目を保つ

[ 2016年1月5日 05:30 ]

 2015年の年間高世帯視聴率番組が4日、ビデオリサーチから発表された。紅白は史上最低の視聴率となったが、後半が1位、前半が2位で、なんとか“国民的番組”の面目を保った。

 好調を維持する連続テレビ小説は、「マッサン」「まれ」「あさが来た」の3作品すべてがベスト20位入り。民放のドラマでは唯一、話題となったTBSの「下町ロケット」の最終回が22・3%で20位に入った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年1月5日のニュース