テレ東・大橋アナ ハム城石コーチと昨春離婚、同局社員と再婚

[ 2016年1月5日 05:30 ]

元ヤクルトの城石氏と離婚し、テレ東社員と再婚していたことが分かった大橋未歩アナウンサー

 テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(37)が、元プロ野球ヤクルトなどの内野手で現日本ハム1軍打撃コーチの城石憲之氏(42)と昨年春に離婚していたことが4日、分かった。大橋アナは年下の同局社員と同日までに再婚した。新年を迎え、8年を超える城石氏との結婚生活にピリオドを打ち、新たなスタートを切ったことを周囲に報告している。

 大橋アナと城石氏が離婚したのは昨年春。2人を知る関係者は「お互いに多忙で、長年のすれ違い生活が続いたことが原因のようです」と話した。

 城石氏は14年にヤクルトを退団し、昨年、日本ハム2軍打撃コーチに就任。選手時代と同様、遠征などに出掛け自宅を空けることが多かった。一方の大橋アナは、同局の看板アナウンサーとして複数のバラエティー番組のレギュラーを務めながら、昨年4月からは情報番組「チャージ730!」(月~金曜前7・30)の司会に抜てきされた。ウイークデーは午前5時に出社している。すれ違いの生活が続き、夫婦の溝を修復することができなかったようだ。

 2人は03年に共通の知人を通じて知り合い、交際を開始。06年12月に婚約を発表し、3年半の恋を実らせ07年1月に結婚。人気女性アナウンサーと花形のプロ野球選手のカップル誕生が話題になった。

 結婚後も仲睦まじい様子をブログで紹介するなど、おしどり夫婦として有名だった。13年1月に大橋アナが自宅で軽度の脳梗塞を発症した際には、城石氏が介抱。同9月に仕事復帰するまで8カ月間の休養中も、体調を心配して毎朝スムージーを作るなど献身的に看病していた。

 しかし、大橋アナの仕事復帰から約1年半の昨年春に8年に及ぶ結婚生活に終止符を打った。大橋アナは、仕事を通じて知り合った年下の同局社員とこの日までに再婚。親しい関係者や友人らには離婚と再婚を同時に報告している。

 「チャージ730!」は4日に新年最初の放送を迎え、大橋アナは普段通りの明るい笑顔で出演。5日の同番組で生報告するか注目される。

 ◆大橋 未歩(おおはし・みほ)1978年(昭53)8月15日、兵庫県生まれの37歳。上智大法学部卒。在学中、ミスソフィアに選ばれた。02年、テレビ東京に入社し、半年でスポーツニュースの司会に抜てきされる。五輪は04年アテネ、08年北京、12年ロンドンを現地で取材。「やりすぎコージー」「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」などの人気番組にも出演した。趣味はゴルフ。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年1月5日のニュース