「精霊の守り人」出演者発表 綾瀬が守る皇子役に小林颯を抜テキ

[ 2015年7月13日 11:16 ]

放送90年NHK大河ファンタジー「精霊の守り人」新キャスト発表会に出席した綾瀬はるか(右)と小林颯

 女優の綾瀬はるか(30)が主演を務めるNHK大河ファンタジー「精霊の守(も)り人」(来年春スタート、放送期間3年)の出演者が13日、東京・渋谷の同局で発表された。皇子チャグム役に小林颯(かい=9)が決まった。チャグムの父親役は藤原竜也(33)二の妃役は木村文乃(27)呪術師役は高島礼子(50)が演じる。

 作家・上橋菜穂子さんのファンタジー小説が原作。綾瀬は異界の魔物などから「新ヨゴ皇国」の皇子チャグムを守るため、短槍(たんそう)を武器に戦う女用心棒のバルサを演じる。

 綾瀬は「殺陣とかアクションをやりたかったので、うれしかった」とオファーに喜び。「アクションもしっかりモリモリつめ込ませて、3年間駆け抜けたい」と意気込んだ。

 120人のオーディションを勝ち抜いた小林は「このお話が好きだったので、オーディションの話が来た時は絶対にやりたいと思った。受かった時にうれしくて、家族で喜びました。チャグムが最初は甘え坊だからバルサと旅をしてたくましくなっていく姿を演じたい」と抱負を語った。

 NHKがラジオ放送を始めて90年を迎えることを記念した作品。中国や東南アジアなど海外ロケも行い、全22回放送予定。全編高画質の「4K」で制作する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年7月13日のニュース