中山優馬、堂々宣言で会場沸かせた「あえていいます、美青年であると」

[ 2015年7月13日 16:15 ]

(左から)演出を手がけるグレン・ウォルフォード氏、金すんら、徳山秀典
Photo By スポニチ

 俳優で歌手の中山優馬(21)が13日、都内で行われた舞台「ドリアン・グレイの肖像」(8月16~18日、9月1~6日、新国立劇場中劇場)の製作発表に出席した。

 中山は初めてのストレートプレイで、初座長。「プレッシャーや緊張もあるけど、全力でぶつかっていくだけ」と力を込めた。中山が演じるのは純粋無垢で圧倒的な美青年ドリアン・グレイ。役と似ているところを問われ、「探すのが難しいですが、あえていいます、美少年であるということ」と答え、会場を沸かせた。「色んなとこに行っても『美青年の役でしょ!?ピッタリですよ』って言っていただけてるので“美青年”だと受け入れて生きていこう」と宣言した。

 出席者も“美青年”というのは認めるところだそうで、共演の徳山秀典(33)は「聡明で純粋な雰囲気」と絶賛。舞羽美海(27)も「美しい。笑顔も華やかで、トリコになる」とうっとりしていた。ほかにジャニーズJr.の仲田拡輝(21)金すんら(51)、演出を手がけるグレン・ウォルフォード氏が出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年7月13日のニュース