GENKING 「イケメン芸能人の元カレ」はおぐねーだった

[ 2015年7月13日 22:23 ]

ユニセックスおネェタレント、GENKING(左)とヘアメイクアーティストの「おぐねー」こと小椋ケンイチ氏

 ユニセックスおネェタレント、GENKING(年齢非公表)が13日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話 2時間SP」(月曜後9・00)に出演。「イケメン芸能人の元カレ」が人気ヘアメイクアーティストの「おぐねー」こと小椋ケンイチ氏(46)だったことを明かした。

 2人はGENKINGが名古屋にいた10年前に出会い、将来の相談や、ファッションを学ぶうちにいつしか思いを寄せるようになり、上京し同棲生活を始めたという。「感謝してもしきれない。いろんな人につなげてくれた」と語るが、当時は叱咤激励を重荷に感じてしまい、黙ってマンションを飛び出した。

 「謝りたいけどきっかけがなくて…」と語るGENKINGだが、サプライズで「おぐねー」本人が登場。2人とも顔を合わした途端に涙。「僕がテレビに出ているのも、おぐねーがいたから。ありがとうございます」と言えば、おぐねーも「芸能界に引きずり込んだところがあったから、申し訳ないと思う。2人で夢を語り合ったり、良くしてくれたのに、厳しいことを言ってごめんね」と手紙を読んで語り、2人は抱き合って10年ぶりの“和解”を果たした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年7月13日のニュース