H・フォード SWイベントで久々3ショット!事故以来初の公式の場

[ 2015年7月13日 04:00 ]

ハリソン・フォード(左)が飛行機事故から復活。マーク・ハミル(中央)、キャリー・フィッシャーと32年ぶりのスリーショットが実現(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

 12月18日に全世界同時公開される映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のPRイベントが10日(日本時間11日夜)、米カリフォルニア州サンディエゴで行われ、ハン・ソロ役の米俳優ハリソン・フォード(73)が、今年3月に操縦する小型機が事故を起こしてから初めて公の場に登場した。

 頭部などに裂傷を負ったフォードは、元気な様子で笑顔で壇上へ。オリジナル3部作で共演したマーク・ハミル(63)、キャリー・フィッシャー(58)とガッチリ握手し、「この映画に関わり、この映画を皆さんに提供できて誇らしい」と話した。3人がファンの前にそろうのは32年ぶり。約6500人で埋まった会場には大歓声が渦巻いた。

 フォードはイベント後に行われたコンサート会場では、ジェダイ騎士の剣「ライトセーバー」をつえのように使って事故をジョークにするなど、最後までちゃめっ気たっぷりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年7月13日のニュース