佐藤健「天皇の料理番」高視聴率に感謝「皆さまの心に末永く…」

[ 2015年7月13日 20:13 ]

「天皇の料理番」の主演を務めた佐藤健。クランクアップの際に花束を受け取る(C)TBS

 俳優の佐藤健(26)が主演を務めたTBSテレビ60周年特別企画・日曜劇場「天皇の料理番」(日曜後9・00)の最終回(第12話)が12日に90分スペシャルで放送され、平均視聴率は17・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。最終回で自己最高をマークし、有終の美を飾った。

 主人公・秋山篤蔵の生涯を演じ切った佐藤は「最後までご視聴いただき、ありがとうございました。僕らの精いっぱいの真心、そして愛を込めて作り上げた今作が皆さまの心に末永く残ることを願っています」と視聴者に感謝した。

 全12話の期間平均は14・9%。テレビ朝日「アイムホーム」の14・8%を上回った。昨年10月期から2クールのテレビ朝日「相棒」を除き、今年1月期からスタートした民放のゴールデンタイム(午後7~10時)プライムタイム(午後7=11時)の連続ドラマとしては1位になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年7月13日のニュース