たけし 西島秀俊のキャッチコピー即答「高いサバ缶」そのココロは

[ 2015年7月13日 05:00 ]

映画「女が眠る時」の製作発表会見に出席した(左から)ウェイン・ワン監督、忽那汐里、ビートたけし、西島秀俊、小山田サユリ

 ビートたけし(68)と俳優の西島秀俊(44)が11日、都内で映画「女が眠る時」(16年公開)の製作発表記者会見に出席した。

 たけしの映画主演は自作以外では12年ぶり。たけしと西島は「Dolls」(02年)、「劇場版MOZU」(15年)などでタッグを組んだとあって終始なごやかな雰囲気。「西島の演技にキャッチコピーをつけるなら?」という質問が飛ぶとたけしは「高いサバ缶」と即答。「開けて食ってみてうめぇな~って言う」と評し、「…すいません」と苦笑い。西島にも「たけしさんにキャッチコピーを」と振られると「無理ですよ。勘弁して下さい」と困惑し、拒否していた。

 しかし、たけしの印象については「『Dolls』の時も思ってましたけど、現場では手を抜かずに演技して、とにかく映画に対する情熱と愛情の深い方だと改めて感じました。非常に真しに全力で誠実に向かわれる方です」と絶賛した。

 このほかメガホンを取るハリウッドの巨匠ウェイン・ワン監督、女優の忽那汐里(22)、小山田サユリ(年齢非公表)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年7月13日のニュース