「天皇の料理番」最終回17・7%で有終の美!瞬間最高20・3%

[ 2015年7月13日 09:00 ]

「天皇の料理番」の主演を務めた佐藤健。クランクアップの際に花束を受け取る(C)TBS

 俳優の佐藤健(26)が主演を務めたTBSテレビ60周年特別企画・日曜劇場「天皇の料理番」(日曜後9・00)の最終回(第12話)が12日に90分スペシャルで放送され、平均視聴率は17・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。最終回で自己最高をマークし、有終の美を飾った。瞬間最高視聴率は午後10時21分の20・3%。退任のあいさつをし、涙を浮かべる主人公・篤蔵が亡き妻・俊子の形見の鈴を取り出すシーンだった。

 全12話の期間平均は14・9%。テレビ朝日「アイムホーム」の14・8%を上回った。昨年10月期から2クールのテレビ朝日「相棒」を除き、今年1月期からスタートした民放のゴールデンタイム(午後7~10時)プライムタイム(午後7~11時)の連続ドラマとしては1位になった。

 初回15・1%と好スタート。第2話11・4%、第3話12・0%、第4話12・7%、第5話14・5%、第6話14・1%、第7話14・9%、第8話15・3%、第9話16・7%、第10話16・1%、第11話16・8%と好調に推移した。

 原作は直木賞作家・杉森久英氏の同名小説。大正~昭和の史実に基づき、日本一のコックを夢見た秋山篤蔵(佐藤)の生涯を描く骨太な人間ドラマ。TBS「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN―仁―」「とんび」などを手掛けたプロデュース・石丸彰彦氏、脚本・森下佳子氏、演出・平川雄一朗氏が再びゴールデンタッグを組んだ。

 1クール作品としては異例の半年間の撮影を行い、当時の東京・丸の内はオープンセットで再現。壮大なスケールの一方、心に染み入る台詞や繊細な演出は視聴者の感動と涙を誘い「1クール終了はもったいない」などと絶賛の声が相次いだ。

 何をしても長続きしなかった福井の“厄介者”の運命を、一口のカツレツが変えた。篤蔵は華族会館、パリの一流ホテルと厳しい修行を経て、ついには昭和天皇の料理を任されるまでに上り詰めた。その間、兄・周太郎(鈴木亮平)妻・俊子(黒木華)友人・新太郎(桐谷健太)師匠・宇佐美(小林薫)らに支えられ、愛された。

 最終回、時は戦後。敗戦国の日本はGHQによる統治を受けることに。篤蔵は昭和天皇の料理番として何をすべきかを模索、ある決意をする。料理番人生、58年間の結末とは…。そして亡き妻・俊子の愛が、ある奇跡を起こす…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年7月13日のニュース