PR:

今井雅之さん壮絶死 54歳、大腸がん 容体急変に最期は笑み

5日、舞台「THE WINDS OF GOD」東京千秋楽のあいさつ冒頭でステージに上った今井雅之さん。復帰の願いはかなわなかった

 4月に末期がんを公表し、闘病していた俳優の今井雅之(いまい・まさゆき)さんが28日午前3時5分、大腸がんのため東京都内の病院で死去した。54歳。兵庫県出身。「病には勝てませんでした」と明かした主演舞台「THE WINDS OF GOD」の降板会見から28日。主演映画の計画も進み、「せめて秋まで生きさせて」と話していたが、願いはかなわなかった。舞台の製作サイドが後日、お別れの会を検討している。

 転院を重ね、6つ目の入院先で容体が急変したのは23日。大好物だったスイカなどフルーツも喉を通らなくなり、鼻にチューブを通して点滴を投与。痛みを和らげようとモルヒネを投与しても効果はなく、関係者によると「激痛で苦しそうだった。4月の会見時よりもさらに痩せ細っていた」。この2~3日は昏睡(こんすい)状態が続き、最期は妻と看護師の姉にみとられながら息を引き取った。「あれだけ苦しんだのに亡くなっても歯を見せ、にこやかに笑顔を浮かべていた」(関係者)という。遺体は実家のある兵庫県内に移送され、29日以降に密葬が営まれる。

 元自衛隊員で体には自信があり、昨年までは大病を患ったことがなかった。今井さんによると「病院にかかったのは骨折した時ぐらい。健康診断もやってなかった」。それだけに、昨年の精密検査でがんが見つかった時は医師から「ここまで進行するには10年かかる」「すぐに手術をしないと、あと3日しか持たない」と伝えられた。

 それでも「必ず治して舞台に立つ」と希望を捨てず、2月23日には主演舞台「THE WINDS OF GOD」の製作発表に出席。この時点で「体重が20キロ減った」と明かしながらも、がんは公表していなかった。

 その後も回復は見られず、外出時は車椅子が必要となり、声を出すのもつらくなった。別の病院に移り、抗がん剤投与を再開すると、副作用で食事をしても嘔吐(おうと)。30分おきに休まないと動くのがつらく、寝ることが多くなって筋力が衰えた。

 舞台は代役を立て、開幕前夜の4月30日に会見。かすれた声で「病には勝てませんでした」と語り、別人のように痩せ細っていた。今月5日には入院先から新国立劇場を訪れて舞台あいさつ。「病人ではなく役者として、ここに立ちたかった。今は3分も立っていられない」と小さな声を振り絞った。

 秋には主演映画の撮影を控えていたため「仕事が生きるモチベーション」「運命は受け入れる。ただ、秋までは生きさせて」と話していた。

 今井 雅之(いまい・まさゆき)1961年(昭36)4月21日、兵庫県城崎郡日高町生まれ。映画「THE WINDS OF GOD」「静かな生活」で95年のキネマ旬報賞新人男優賞受賞。1メートル78。

[ 2015年5月29日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月19日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル